日常生活での注意点は?

ベイザー脂肪吸引を受けたあとの日常生活に関する疑問をまとめています。

手術後、日常生活に戻る際に気を付けたいこと

Q.脂肪吸引の術後、日常生活における注意事項があれば教えてください。

A.すべての脂肪吸引手術に共通する注意事項ですが、まず喫煙は控えましょう。術後の回復の妨げとなってしまうことがあります。禁煙期間は医師の指示に従ってください。また、腫れがおさまるまでは、飲酒も控えたほうが無難です。

それから、当面の間は激しい運動も控えましょう。施術によって異なりますが、だいたい1週間~1ヶ月程度、激しい運動を控えるよう医師から指示があります。その他、日常生活の注意事項は、手術方法や部位によって異なります。必ず手術を受けた医師の指示に従ってください。

Q.脂肪吸引をした場合、シャワーや入浴はいつからOKですか?

A.シャワーは、手術当日からOKである場合もありますし、術後3日まで我慢する必要がある場合もあります。手術方法や範囲などによって異なりますので、医師に相談してみましょう。入浴は、だいだい手術から1週間後に可能になります。

Q.脂肪吸引の翌日から仕事に復帰することは可能でしょうか?

A.手術部位や方法によっては可能な場合もあります。二の腕のみなど、狭い範囲の脂肪吸引であれば、ほとんどの場合は翌日から仕事復帰をすることも可能です。ただし、無理はしないようにしましょう。

太ももやお腹など広い範囲の手術であれば、2~3日ほどお休みをとったほうが良い場合もあります。なお、従来の脂肪吸引手術に比べてベイザーの場合は手術の負担が比較的軽いため、仕事復帰が早くなります。

Q.脂肪吸引手術の後、マッサージは必要でしょうか?

A.施術を受けたクリニックの指示に従ってください。施術後のマッサージの効果については、医学的な正解がありません。そのため、術後のマッサージの指示の有無は、医師本人による経験と信念に基づきます。

術後にマッサージをしなければ固くなってしまうという医師もいれば、手術はケガと同じことなので放置しておいたほうが回復は早いという医師もいます。よく医師と相談して考えるようにしましょう。

【免責事項】
「ベイザー脂肪吸引クリニックの口コミ比較」は、編集チームが独自に調べた情報をもとにまとめたサイトです(2021年5月現在)。最新の情報は各クリニックの公式サイトでご確認をおねがいします。本サイトで紹介している保険適用外の治療は、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。治療の副作用やリスクはそれぞれ異なります。不明な点・不安な点は、各クリニックに相談することをおすすめします。

【ベイザー脂肪吸引とは】
ベイザー脂肪吸引とは、「VASER波」という特殊な超音波を照射し脂肪のみを乳化し、吸引する施術です。

【費用相場】
費用相場は各部位ごとに異なりますが、腹部が20万~30万、二の腕(両腕)が20万~40万、太ももが20万~30万、お尻が20万~30万とされています。クリニックによっても費用は変動するため公式サイトやカウンセリング時にご確認ください。

【治療期間・治療回数】
部位や脂肪量によっては1度で複数部位の脂肪吸引が可能です。複数回に分ける場合は約1ヵ月程度の期間を空けるクリニックもあるようです。また、効果があらわれるまで約3ヵ月ほどの期間を要します。

【ベイザーの副作用リスク】
1週間程度の腫れやむくみ。内出血となるケースがあり、手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。

評価の高いベイザー脂肪吸引クリニックの口コミ比較